岡山県でも全国同様、冬になると流行する感冒症を見ることができます。それがインフルエンザ感染と言う感冒症です。40度近くの高熱が急激にでて、咳やくしゃみ、鼻水も多く、下痢や嘔吐など激しい症状に見舞われます。子供や高齢者が感染してしまうと重篤化し、脳症や肺炎などを併発して命の危険性もあります。そのため岡山県では様々なインフルエンザ感染対策を講じています。高齢者や子供に対しては自治体が補助金を助成し、安い費用で予防接種を受けられるようにしています。また岡山県の様々な健康保険組合も会社員の予防接種の啓蒙や、集団接種が受けられるようにしたり、家族にも予防接種の補助が受けられるように仕組みを構築しています。また感染対策として医師会もマスクや手洗いうがいの啓蒙を行っています。感染対策として手洗いうがいは非常に大事であるといわれています。それはインフルエンザ感染が飛沫や接触感染で主に感染が拡大するからです。しかしどれだけ感染予防対策を講じていても、100パーセント感染を回避することはできません。過労やストレス過多、疲れや栄養不足、寝不足などであるとどうしても免疫力が低下し、感染してしまう可能性があります。万が一感染ではないかと疑わしい場合は、すぐさま医療機関を訪れて適切なケアと治療を施してもらうことが大事です。インフルエンザの治療にはタミフルやリレンザといった専門治療薬での治療が必要不可欠です。インフルエンザの治療はウイルスの増殖を食い止めないと、症状の緩和が見られないからです。タミフルやリレンザは肺でのウイルスの増殖を抑制し、健康な体に導いてくれます。タミフルは錠剤が大きく飲みにくいと感じる人もいます。こうした場合には粉末吸入薬のリレンザを処方してもらうと良いでしょう。