店頭には、100円のものから、値段が高いものまで、様々な種類のマスクが並んでいます。大気汚染や感染症の予防、作業用など、用途によってもマスクの種類が変わりますので、臨機応変にマスクを使い分けることが重要です。中国や発展途上国においては、PM2.5などの大気汚染や、鳥インフルエンザをはじめとする感染症が毎年深刻な問題となっていますが、粒子が比較的小さいものや、ウイルスなどを防ぐために、主にN95のマスクが用いられています。N95マスクとは米国国立労働安全衛生研究所が定めたN95基準の認定を受けたマスクのことを指します。 飛沫核を吸入しないようにするための特殊なマスクと言えるでしょう。0.3μmの微粒子を95%以上も防ぐことができるため、工事現場などの環境がよくない場所において、浮遊する粉塵から身を守るために用いていることもあります。不織布製マスクに比べて、N95マスクはより密閉性が高いことから、インフルエンザの予防に非常に有効と言われています。咳やくしゃみなどで、空気中に拡散したインフルエンザウイルスは、鼻や口の粘膜を通って、いとも簡単に体内に侵入してしまいます。また、自身が咳やくしゃみの症状がある場合、通常のマスクでは、周りに拡散させてしまう恐れがあるでしょう。インフルエンザなどを患い、咳がひどい場合は、100円ショップの使い捨てマスクよりもN95マスクを使用することをおすすめします。一方で、どんなに優秀なマスクをつけていたとしても、使用方法や装着方法に誤りがあれば、その有効性は半減してしまいます。N95マスクは目が細かく、高い密閉性があることが特徴ですが、装着時に、マスクと皮膚の間に隙間ができてしまうことがあるため、注意が必要です。耳のゴムなどの緩みや鼻あての部分などもチェックして、隙間が無いように装着しましょう。