インフルエンザは、インフルエンザウイルによって起こる感染症です。
インフルエンザウイルスに感染すると、咳や鼻水、喉の痛みといった風邪によく似た症状が出現します。また、38度以上の高熱が出、頭痛や筋肉痛、関節痛に倦怠感などと、全身に症状が表れて体力を消耗していきます。そのため、乳幼児や高齢者、妊婦、持病を抱えている人など、免疫力が低下している場合は特に注意が必要です。なぜなら、肺炎、気管支炎を併発し重症化しやすく、最悪の場合は死に至ることもあるからです。
そうならないためにも、まずは予防を心がけることを忘れてはいけません。
最大の予防策として挙げられるのが、インフルエンザワクチン接種です。これによってウイルスにかかりにくくなり、またかかったとしても症状が重症化することを防いでくれます。
ワクチンが最大の予防策とはいえ、100%感染しないわけではありません。あくまでもお守りという感覚で、日常生活での予防も重要になってきます。まず、人混みを避けることが大切で、不要な外出は控えます。外出時にはマスクの着用が必須です。そして帰宅時には手洗い、うがいを忘れずに行います。また、栄養バランスのとれた食事、十分な睡眠を確保して体を労わります。乾燥はウイルスが増殖しやすいため室内環境も大切です。加湿清浄機などを利用して加湿を行い、適度な換気も必要です。特に睡眠時は乾燥するため、加湿清浄機使用は有用です。このように日常生活では、ウイルスを持ち込まない、増やさない、ということが大切です。
ワクチンは、流行する前に接種することで効果が得られますが、その他の予防法は、もしウイルスに感染してしまったとしてもすぐに実践することで症状緩和につながります。手洗いうがい、加湿清浄機の使用など、風邪予防にも最大に効果を発揮しますから、これらを習慣にすることがおすすめです。