インフルエンザは日本で毎年流行が見られる流行感冒症です。しかしインフルエンザは自然治癒や市販の薬で治療できないのが問題点であると言えます。感染すると明らかに風邪とは違う症状に苦しめられることになります。40度近くの高熱が出るのはインフルの独特の症状と言えるでしょう。いつもの風邪とは違い明らかに高熱で、全身の倦怠感や関節痛が酷い場合は早急に医療機関を訪れることが大事です。インフルエンザと言っても厚生労働省の定める感染症一覧表には様々なものをみる事ができます。医師一覧表にはA型、B型、香港型などインフルの王道のほか、鳥インフルエンザやエボラ出血熱などをみる事ができます。一覧表にある感染症は放置すると重篤化し、死の危険性があるもので注意が必要です。こうした感染症を予防するには注射による予防策が一番有効です。注射による予防策とはインフルエンザの予防接種を指します。インフルエンザの予防接種はWHOが毎年流行しそうなインフルエンザの型を予測し、注射に予想した型の成分を配合します。この予防接種を受ければ高い確率で流行するインフルエンザの感染を回避することが可能になります。注射には一種類だけではなく複数のインフルの型が配合されているので、時にはエボラや鳥インフルにも有効に働くこともあります。免疫力の低い高齢者や子供は積極的に予防接種を受けると良いでしょう。予防接種をしておけば万が一インフルに感染し後しても高熱に見舞われず、下痢やおう吐などの症状も軽症で済むようになります。特に持病があったり子供や高齢者で肺炎や脳症などの併発が心配される場合は、二週間の間隔をあけて二回予防接種を受けると感染確率は飛躍的に低下します。