日本の冬は非常に寒さが厳しい傾向にあります。気温が下がると人間の体に様々な支障をきたすようになります。気温が下がると人間の体温も必然的に低下してしまいます。体温が一度低下するだけでも人間の体の免疫力や抵抗力は非常に低下してしまい、風邪や流行感冒症に感染しやすくなるといわれています。体温が下がると、免疫力や抵抗力も低下してしまいます。とくに日本の11月から2月にかけてはインフルエンザが非常に流行します。ウイルスは常に空気中に浮遊しており、免疫力が低下した体に容赦なく侵入してきます。とくに冬は空気が乾燥しているので、ウィルスにとって好環境であると言えます。またインフルエンザに感染してしまうと高熱や下痢、嘔吐のほかせきが非常に酷くなります。せきをすると唾液を飛沫することになり、その唾液が他人が吸い込むことによってさらに感染が拡大していきます。そのため冬場にせきなどが見られる場合はインフルエンザを疑い唾液が飛沫しないようにマスクなどを装着することが大事です。そして一刻も早く医療機関を訪れることが大事だと言えます。病院に行けば鼻の粘液を取り、検査を行ってくれます。陽性と結果が出たら医師はインフルエンザの専門治療薬であるタミフルやリレンザを処方してくれます。インフルエンザの治療には肺でのウイルスの増殖を抑制することが何よりも大事になります。こうしたウイルスの増殖を食い止めるには一般的な風邪薬では効果が発揮されず、タミフルやリレンザでしか増殖を食い止めることができません。薬を飲んで、水分を沢山摂り、安静に5日前後治療に専念することが大事です。体のウイルスが完全に体外に排出されるまで、登校や出勤は控えなければいけません。